相模原市議会 議員定数に関する議論について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

相模原市議会議会運営委員会で、議員定数に関する議論が始まりました。

皆さんのご意見をぜひお聞かせください。

【経緯】
 ・8月19日の議会運営委員会にて、新政クラブ小野沢耕一委員より、議員定数について確認をしたい旨申し出があり、9月4日に議会運営委員会を開催し各会派の意向等を持ち寄ることとした。
 ・9月4日には、具体的な定数案が各会派から出され、あわせて考え方等も示された(出された意向等については、下記参照)。出された各会派の意向等について、各会派持ち帰りとし、次回9月17日午後1時(基地対策特別委員会が午前中に終了しない場合は、基地特委終了後)議会運営委員会を開催し、協議することとなった。また、市民周知期間の確保や予算案策定への影響、候補予定者が既に活動・準備を開始している現状等も加味し、9月定例会議中に協議を整えることを目指すこととした。定例会議中の協議でもあり、日程確保の困難さもあり、次々回は9月19日午前9時30分に議会運営委員会を開催出来るよう日程の確保も行った。

【出された各会派の意向等】
 4会派が削減。2会派が現状維持。定数増の会派はなし。(2014.9.4時点)
 ・新政クラブ 3減の46(緑区・中央区・南区各1減)の定数とする。
 ・公明党 46の定数を含めた削減の方向
 ・民主・新無所属の会 削減の方向
 ・颯爽の会 8減の41(緑区2減、中央区・南区各3減)の定数とする。
 ・市民連合 現状維持
 ・日本共産党 議論するタイミングが遅く、議論を尽くせないとの意見。現状維持。

 ※議運に委員として参加していない無所属議員からも、参考として意見等を求めた。
 ・みんなのクラブ 削減の方向。
 ・大田議員 現状維持。
 ・大槻議員 現状維持。
 ・臼井議員 削減の方向。
 ・市川議員 46名の定数。 

【過去の合併等による議員定数の動きについて】
 相模原市議会の議員定数は、旧津久井郡4町との合併前に46。2007年に合併に伴う特例で52(旧津久井町・旧城山町それぞれ2、旧相模湖町・旧藤野町それぞれ1、の計6増)となっっていた。その後、政令市移行前の10年3月に条例改正を行い、11年4月の前回市議選は49(緑区12、中央区18、南区19)で実施されている。

【その他】
 私は、議会運営委員会終了後、神奈川新聞より取材を受け、委員長として「議員定数は議会のあり方に関わる部分で、市民の関心は高い。きちんと各会派間で議論して納得のいく結論を出したい」とコメントしました。

【参考】
相模原市議会 9月は議員定数削減も議論
神奈川新聞 2014年9月5日号
http://www.kanaloco.jp/article/77159/cms_id/99853

市議会議運 議員定数、意見持ち寄りへ 各会派、4日の委員会で
タウンニュース 相模原市(南区・中央区・緑区)版 掲載号:2014年9月4日号
http://www.townnews.co.jp/0302/2014/09/04/249791.html

関連記事

コメント

    • 西宮優子
    • 2014年 10月 23日

    納得がいきません。

    >有権者の方から頂くご意見等に応えるには、決して多い報酬だとは感じていません。

    どういった有権者の方にどういった応え方をするための報酬であるか今ひとつイメージは掴めませんが
    長年にわたり、待機児童の問題が解決しない現状に爆発しそうであった怒りが噴火の一歩手前です。

    定数と報酬とは個別に議論しているとのことで、議論から外れてしまったかもしれませんが
    この報酬があまりにも極端に高いがために
    様々な問題が起きているのではないでしょうか。
    普通の会社員の方には普通の報酬かもしれませんが
    朝から晩まで体を壊すぐらい働いても20万円がやっとの身には、極端に高い報酬です。

    私は、議員が「それだけの仕事をしているのだから、これぐらいもらっても当然だ」みたいなことを言うことについては
    とても腹が立ちます。
    確かにそうなんでしょう。
    事実なのかもしれませんが、それでも言われると、とても腹が立ちます。

    倫理的に大変な問題を起こしながらも議員を続けていらっしゃる人が
    「こんなおいしい仕事、やめられるわけがないじゃない!」と言ってましたが
    そちらのほうがまだ正直で、受け入れられます。

    議員のひとが「こんなに働いているんだ。こんなに、こんなに・・・。貴方にはできないだろう。特別の人にしかできないんだ、だからこれだけのものをもらっても構わないんだ」と言うと、とても腹が立ちます。

    もちろん、貴方はそういう言い方をしていません。
    でも、そういう心が見え隠れします。

    貴方は変わってしまったのだ。

    定数の件に戻ります。

    >議員が何をするか、どんな役割を果たすか、どんな人に議員になってもらいたいか

    たしかにそうなんでしょうね。
    実際に傍聴されていた方の中には、「○○さんのような議員は、本来、ここにいてはいけないひとなんだ、ああいうひとは、議員になってはいけないんだよ」というようなことを
    言ってらした方もいらっしゃいました。

    頭の回転の悪い議員は、さぞかし邪魔だと思われるのでしょう。
    でも、そういうひとは、頭の回転が早く、同じところしか回れない人と、異なる視点でものを見れるかもしれない。

    みんな、参政権というと、選挙権だけだと思っている。現実的にはそれしかないのだと。
    だけど、被選挙権も参政権です。
    それを、貴方がたプロの政治家が、極端に高い金の必要を迫ることにより、奪っているのです。
    あんなに議員報酬が高くては、普通の感覚を持った人が議員になれません。

    私は
    前科のある指南役(自民ではない)の方から、選挙に出たいなら300万円用意しろと言われ、選挙区内全部を戸別訪問して回れ、仕事を9ヶ月間休めと言われて、立候補をあきらめました。

    いったい何に300万円も必要なんだろうと首を傾げていたら
    もしもうちわを配ったり、ワインを配ったり、SMショーを見せたりするのに使うのだったら、ぜったいに許せません。
    (指南役の方は、買収で問題となった人です。そんなひとが指南役をやっているのです)

    このコメントは、かなり興奮して書いたので、わけのわからない文章になっている可能性がありますが
    反映していただけると嬉しく思います。

    反映しなくても、赤間二郎さんには見せてください。

    • 西宮さん
      お返事遅くなり、大変申し訳ありません。

      私の方では、
      1、待機児童を解消しなければならない。
      2、議員の報酬は、その活動内容と実態と合わせて考え、適正な額はどのくらいなのか。
      3、議員は「おいしい仕事」なのか。
      4、どんな人が議員になるべきか。また、そのためには、(政務活動費等のあり方を含め)報酬の額をどう考えるべきか。
      等の論点を誤解の内容に、やり取りさせていただきたいと考えています。

      お時間頂きますが、どうぞよろしくお願いいたします。

        • 西宮優子
        • 2014年 12月 23日

        お返事有り難うございます。

        私はどうもすぐに感情的になってしまうので
        こういったコメントは控えたほうが良いような気もしてきました。

        4、どんな人が議員になるべきか。

        ですが、感情的でない人間が良いんだよな、と心から思います。
        感情的ではなく、かつ感情を理解する人間が良いですね。

        1、待機児童を解消しなければならない。

        しかし、待機児童が生まれるというのは
        多くの女性の本来持っている働きたいという願いが表面化したということでもあるのですから
        分母が増えるのは良いことでもあるのです。
        保育園が増えて待機児童が減ると、より多くの女性が、「じゃあ、私も」と思い、また待機児童が増えることになります。
        これは永遠のいたちごっこですが、
        株式会社立の保育園の誘致や、一時保育、非定型保育の充実などで
        働きたい女性の願いを可能な限りかなえてほしいです。

        また、同一労働、同一賃金を実現すれば
        同じ仕事をしながら正社員よりも異常に低い時給で働くことがなくなれば
        保育料が多少高くても、そして短時間でも、働けるようになります。
        (これは国政に働きかけていく問題です)

        3.議員は「おいしい仕事」なのか。

        現在の、パートタイマーとフルタイム正規労働者の給料が時給計算で違いすぎる状態においては、
        パートタイマーの労働形態で、67万とかなら、間違いなく「おいしい仕事」です。
        発言の主は女性ですから、とくに女性にとってなら「おいしい仕事」なんだろうと想像します。

        2.議員の報酬は、その活動内容と実態と合わせて考え、適正な額はどのくらいなのか。

        活動内容うんぬんは、議員報酬ではなく、政務活動費ではないでしょうか。
        政務活動費10万円はいくらなんでも少なすぎると思うし
        議員報酬67万円は高すぎだと思います。

        しかし複数会派の代表者により議員報酬引き上げの条例改正案が提出され、
        反対者少数で可決されました。

        議員定数を削減して議員報酬引き上げというのはどうも
        方向性としては納得いかないですね。
        逆のほうが、被選挙権を侵害していない気がします。

        私は元々は道州制に賛成で
        県議も市議もなくなり
        道州の下に、選挙で選ぶ区議をたくさん置くというシステムで
        区議は兼職で月10万ぐらいで

        というのが理想です。

    • 西宮優子
    • 2014年 9月 13日

    相模原市の人口 72万人 市議会議員数 49人
    アイスランドの人口 32万人 一院制議会議員数 63人

    スイスの人口 750万人 地方議員数 5万3000人 年間報酬 5万円
    日本の人口 1億2800万人 地方議員数 6万168人 年間報酬 680万円

    ちょっと調べるだけでも
    問題は、議員の数ではなく、日本の議員報酬の異常な高さであることは一目瞭然なんですが、
    そこに言及する議員がひとりもいないとしたら、まことに残念です。

    読者の皆様には、ネットで克明に調べていただけたらと思います。

    • 西宮さん、いつもありがとうございます。
      議員の報酬jについても議論はありますよ。
      しかし、「議員定数の議論と総合的に考えなければならない」、と言う考え方もありますが、議会運営委員会では個別に議論し、報酬については代表者会議で行ってきております。

      議運では、議員定数の議論はそのあり方を決めること(政策提言や条例制定を目指してゆく、チェック機関として機能すれば良い、等々)が先だ、との意見もありましたが、合意に至らない様々な考え方がある中で、一つの方向性を出す努力をしています。

      議員報酬については、議員が何をするか、どんな役割を果たすか、どんな人に議員になってもらいたいか、等々と総合的に判断しなければならない、と私個人は考えています。

      国会議員、都道府県議会議員、市町村議員、首長とある中で、市町村議員の中でも格差があり、こうした視点も必要だと思っています。

      また、私がこれまで活動してきた感覚では、有権者の方から頂くご意見等に応えるには、決して多い報酬だとは感じていません。

      選挙から任期中の活動にかけての議員の役割とあり方について、私はローカル・マニフェストを中心としたPDCAサイクルを回すことで、

      問題把握 ⇒ 分析・対策検討 ⇒ 市民への投げかけ・提起 ⇒ 政策決定・マニフェスト策定 ⇒ (選挙) ⇒ 政策実行・議会活動 ⇒ 活動報告 ⇒ 更なる問題抽出・対策検討 ⇒  ⇒  ⇒ 

      と言う流れで考え、活動しています。

      報酬の議論は、政策決定型の議員像を目指すか、審議会委員的なチェック機関を目指すか、という(雑な例ですが)議員のあり方から考える必要があると思います。そうすることで、現状問題のある選挙のあり方も変えて行かなければなりません。

      また、現状、多くの議員さんがいるなかで、個々の議員の皆さんの活動状況をひとつにまとめて議論されることもあります。そうした場合の議論の仕方も考えなければならないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

「やるぞ!あべぶろぐ」をご覧いただき、ありがとうございます。このブログでは、相模原市政や議会活動などの他、様々な話題について気軽に情報発信しております。コメント等皆さんからのご意見・ご感想もお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。 相模原市議会議員 阿部善博
ページ上部へ戻る