01 お知らせ

在日米軍再編の「最終報告」に関する相模原市長のコメント

投稿日:

スポンサーリンク



[関連したBlog]

在日米軍再編の「最終報告」に関する相模原市長のコメントが情報提供されましたので、ご報告します。


在日米軍再編の「最終報告」に関する相模原市長のコメント

○基地の機能強化と恒久化につながる新司令部設置計画に、市を挙げて反対して来たが、日米両政府の理解が得られず、負担が増加されたことは残念至極だ。市民の安全・安心を確保し、周辺環境を守るために、新司令部設置に伴う具体の施設整備等に関して、これから厳しくチェックし、必要な注文を出していきたい。

○一方、長年求めてきた相模総合補給廠の一部返還が実現することにより、市の玄関口であるJR相模原駅周辺のまちづくりと、小田急多摩線の市内乗り入れに、明るい兆しが見えて来た。また、西側野積場の残り部分は、市民利用が可能になった。更に、陸自普通科連隊の補給廠移駐案も撤回させることが出来た。

○これらはとりもなおさず、署名活動など市民総ぐるみによる熱心な運動の成果だ。補給廠の返還面積は、要望と隔たりがあるが、何とか突破口を開けた。たとえ一部の変換であっても、将来の全面返還への大きな第一歩になるものと信じている。

○また、このたびの問題を通じて、人口密集地の中にあって、広大な基地がいかに大きな弊害を及ぼしているか、また、基地所在自治体が強いられている財政的不利益等についても、繰り返し訴えた。関係大臣には、実績が分かってもらえたのではないか。今後の、政府を挙げた真摯な取り組みを願って止まない。

○ 基地の整理・縮小・返還は市是だ。これからも粘り強く追求する。長い取組みになるだろうが、市民とともに、そして、座間市や県と緊密に連携して頑張ってまいりたい。

平成18年5月2日 
相模原市長 小川勇夫



日米間の高度な折衝の結果なので、報告については何とも言えないですが、相模原市民としては、市長のおっしゃる通り、明るい兆しが見えてきましたね♪

明るい兆しが、どんどん具体的な形になるよう、これかも頑張って下さい!

スポンサーリンク







-01 お知らせ

Copyright© やるぞ!あべぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.