考えるヒント

考えるヒント15 議員に読んでもらいたい本(古典)

投稿日:

あなたは政治について、
社会について、
また、自分について、
どんな本を読みますか?

日々数多くの本が新たに書店に並ぶ状況で、
良書を読み、悪書を読まない、と言うことは、
容易ではありません。

ひとつの方法として、
誰もが知っているような古典から、
繰り替えし読んでみる、
と言う方法があります。

古典の題名はよく耳にするものばかり。
でも、
意外と実際に読んだことがないものもあるのではないでしょうか?

古典は、
文庫でも出版され、
図書館にもあり、
新しい本よりも入手しやすいかもしれません。

読んでみると、
意外に読みやすく、
現代に通じる話であることに気付きます。

新しい話題を理解するうえでも役に立ち、
考え方の基本となるなど、
様々な効用がある古典。

あなたはどんな古典を読んでみたいと思いますか。

さあ、議論しましょう。

考えるヒント >

あなたは、
議員にどんな本(古典)を読んでもらいたいと思いますか?

類題1 >

あなたは、
どんな本(古典)を読みたいと思いますか?

類題2 >

あなたは、
古典について、
どう思いますか?

類題3 >

あなたは、
議員が政務活動費で古典を購入することについて、
どう考えますか?

※この「考えるヒント」は政治のあり方について一緒に考え、議論するためのヒントです。皆さんのご意見をコメントやメールでお聞かせください。
メール:y@abn.jp 「@」は半角に変えてください。 
どうぞよろしくお願いします。

考えるヒント15

考えるヒント15

-考えるヒント
-, , ,

Copyright© やるぞ!あべぶろぐ , 2022 All Rights Reserved.