04 その他

政治家になろうとする人に聞く100の質問

更新日:

スポンサーリンク



政治家になろうとする人に聞く100の質問を作ってみました。この質問を候補予定者の方に答えてもらうことで、有権者の判断の材料にしようというものです。

 また、政治家になろうとする人は、ぜひ自分で答えてみてください。スラスラ答えられるでしょうか?これにすぐに答えられるようになれば、有権者の方とのやり取りもスムーズなものになるのではないでしょうか…。

 簡単なものですが、候補予定者の方にとっては真剣勝負です。ともすれば、どこにでも顔を出し、名前を覚えてもらい、お願いする、という「お願い型」になりがちな選挙から、少しずつ皆で考える「政策論争型」の選挙に移行して行くための試みでもあります。
 
 こうした遊び心でハードルを少しでも下げて、選挙や政治に対する関心を呼び起こし、多くの方に興味を持って参加してもらいたい、との気持ちもあります。

それでは、以下に実際の100の質問を掲載します。

私自身も実際にチャレンジしてみます。回答は、このあべぶろぐでも必ず掲載いたします。

では、挑戦!

 

政治家になろうとする人に聞く100の質問

 

『政治家になろうとする人に聞く100の質問』

<個人に関わる質問>客観的質問 
エントリークエスチョン(質問番号なし)
□、お名前
□、性別
□、生年月日
□、年齢
□、家族構成
□、出身地
□、現在の住所
□、身長、体重
□、血液型
□、学歴・出身校 
□、職歴
□、賞罰歴
□、ホームページ
□、連絡先:メールアドレス

 *** スタート! ***

<自己PR> 6問
1、自己PRを一言でどうぞ。
2、あなたの得意技は何ですか?
3、誰にも負けないというものは何ですか? 
4、「これだけは見てくれ!」という取り組みは?
5、なんで政治家に?
6、自分のキャッチフレーズは?

<個人の資質に関する質問>客観的質問 5問
7、タバコ・お酒・ギャンブルは?
8、その量・程度はどのくらいですか?
9、失礼ですが、現在何か病気はしていますか?
10、持っている資格は?
11、あなたはどんな地域活動をしていますか(してきましたか)?

<自分のまちに関する質問> 8問
12、あなたのまちはどんなまちですか?
13、自分のまちへの思いをどうぞ。
14、自分のまちのどんなところが好きですか?
15、自分のまちのお気に入りスポットは?
16、現在のまちの課題と言えば?
17、その対策は?
18、あなたはこのまちをどうしたいと思いますか?
19、あなたのまちのPRをどうぞ!

<人柄が分かる質問> 18問
20、あなたの夢は?
21、あなたの弱点は?
22、つらいとき、どうやって乗り切る?
23、学生時代の思い出は?
24、好きな言葉・座右の銘は?
25、いまお悩みのことは?
26、あだ名・ニックネームは?
27、見ているテレビ番組は?
28、最近、腹の立ったことは?
29、最近、誰かに怒られたことは?
30、あなたの大切なものは何ですか?
31、好きなスポーツは何ですか?
32、ずばり、ライバルは?
33、最近気になった新聞記事は?
34、最近の子どもたちに一言!
35、最近の年配の方々に一言!
36、最近の女性(男性)に一言!
37、まわりからはどんな人だと言われますか?(友人からよく言われることは?)

<選択式・択一タイプ> 5問
38、東洋と西洋、どちらが好き?
39、財政再建と景気対策、どちらを優先しますか?
40、子ども向けと老人向けのどちらの政策を優先しますか?
41、理系ですか?文系ですか?
42、保守系ですか?革新系ですか?

<究極の選択タイプ> 3問
※必ずどちらかを選んでください。聞くほうも半分は遊びとして深くツッコミを入れないで…。
43、「当選しましたが政策は実現できませんでした」と「落選しましたが政策を実現することはできました」はどちらを選びますか?
44、「自分のPR」と「まちのPR」はどちらを選びますか?
45、「話すこと」と「聞くこと」はどちらを選びますか?

<とんちタイプ> 3問
※もちろん正解なんてありませんが、「上手い!」と感じさせる回答を要する質問です。
※答えにくいキーワードを出し、回答の様子を見る質問です。
46、地方議員は国の政治に口をはさむべきではない?
47、壮大な正義より身近な福祉?
48、首長や国・県への転出は?

<主義・主張に関する質問> 4問
49、あなたの主義・主張は?
50、なぜそう思うようになったのですか?
51、あなたの一番言いたいことは?
52、あなたの一番やりたいことは?

<政策に関する質問> 4問
53、あなたの政策は?
54、それは本当に実現できますか?
55、財政的裏付けはありますか?
56、その政策の意義と目的、必要性について教えてください。

<基本的な考え方に関する質問> 8問
57、あなたにとって「政治」とは何ですか?
58、あなたにとって「議会」とは何ですか?
59、あなたにとって「議員」とは何ですか?
60、あなたにとって「選挙」とは何ですか?
61、政務活動費なんていらない?
62、政治と金についてのお考えは?
63、議員の定数についてのお考えは?
64、議員の報酬についてのお考えは?

<政治に関する質問> 30問
65、所属政党は?それは公認ですか?
66、所属政党はずっと同じですか?
67、現職ですか?新人ですか?
68、自分の政党のPRをどうぞ(無所属の場合は無所属の利点等)。
69、自分の政党の問題点と対策は(無所属の場合は既存政党の問題点と対策等)?
70、あなたは政治家(議員)としてどんな勉強をしていますか?
71、『地方自治法』『公職選挙法』『日本国憲法』読んでいないのは?
72、あなたは議場に国旗を掲揚するべきと考えますか?
73、あなたは政治家の役割って何だと思いますか?
74、「地盤」「看板」「カバン」持ってないのは?
75、あなたは説明責任をどのように果たす予定ですか?
76、駅頭活動についてどう考えますか?あなたは駅に立っていますか?
77、会報や新聞を作って活動報告をしていますか?
78、政治(議会)のどこを先ず改革するべきと考えますか?
79、多選は反対ですか?
80、政治家に定年は必要だと思いますか?
81、政治家を志すあなたの「素朴な疑問」は?
82、先ずやめるべき政治家の慣習は?
83、どんな活動が「売名行為」だと感じますか?
84、行政視察についてどう考えますか?
85、「二世議員」についてどう思う?
86、何歳まで「若手」だと思いますか?(何歳からが「ベテラン」だと思いますか?)
87、政治の師、尊敬する政治家は?
88、政治家が大切にしなければならないものは何だと思いますか?
89、政治家が絶対にしてはいけないことは何?
90、政治家に絶対にしてはならないことは何?
91、政治家に欠かせない資質とは?
92、政治家に必要なものを3つ。
93、政治家が言ってはいけない言葉は?
94、あなたは政治をどうしたいと思いますか?

<最後に> 熱いメッセージの6問
95、ご家族に一言。
96、市民に一言!
97、日本の将来について一言!
98、あなたの「熱い思い」を一言!
99、なぜ、有権者はあなたを選ばなければならないのですか?
100、最後にご自分で質問を作って、それに答えてください。

お疲れ様でした。

*** おわり ***

PDF版ダウンロード
『政治家になろうとする人に聞く100の質問』

 

<サプライズクエスチョン>

 

※ランダムに織り込むことで、回答者をリラックスさせ、本音の回答を引き出しやすくする質問です。数には入っていません。
※夢のある質問とやや調子のはずれた質問があり、回答者の心を開かせる質問です。
※「突然ですが、」や「発想の転換の質問です。」等、前ふりをつけて上手く質問しないと、ふざけている印象を与える恐れがありますので、ご注意ください。
※実際には、質問に使用しなくても構いません。質問と回答を円滑に進めるためのテクニックとしてご活用ください。
★、実はかなりのお金持ちですか?
★、実は異性にモテモテ男(女)ではないですか?
★、あなたは、お金持ち?力持ち?それとも色男?
★、宇宙人はいると思いますか?
★、最近、喧嘩したことは?
★、宝くじで3億円当たったらどうしますか?
★、突然、だれも居なくなってしまったらどうしますか?
★、どうしたら世界平和が実現できますか?
★、どうしたら貧困がなくなると思いますか?
★、誰も苦労しないでみんなが幸せに暮らせるようになったら、あなたはどう思いますか?
★、誰にもいえない秘密がありますか? ある/ない
★、それはなんですか?
★、最近、心の底から笑ったことは何ですか?
★、1万人の前で、これから1時間、今すぐ場つなぎの話をしてください、と言われたら?
★、奥様(旦那様)との出会いは?
★、あのときに戻れるなら、いつに戻って何をしたい?
★、実は選挙が好き(きらい)?
★、議会がなくなったら、まちはどうなると思いますか?
★、選挙川柳です。あなたなら「○○○○○」にどんな言葉を入れますか?⇒「神様に願いは一つ ○○○○○」

 

考え方

 

この100の質問を作るにあたっての基本的な考え方は次の通りです。

1、人間性を見る。人柄。
2、背景。バックボーン。これまでの活動等について。
3、基本的な考え方、思想等について。国家、日本、文化、社会、世界、平和、理念等。
4、政治倫理。政治家としての適正、考え、思想、感覚。国政と地域利益・地域課題についての判断等。
5、何をやりたいのか。何のために立候補するのか。
6、引っ掛け質問。カマをかける。禅問答。一見理解できないような曖昧な質問、無理・無茶・失礼な質問(発言・人)と出会った時の反応を見る。大人の対応。
7、政治全般。政治制度、政治家のあり方・役割、民主主議、選挙制度等について。
8、政策。各個別の問題・課題についての認識と対応策等について。
9、選挙区特有の問題・課題についての認識と対応策等について。
10、投稿からの採用質問。自由な発想からの質問。素朴な疑問等。
11、フリー記述。熱い気持ち。メッセージ。問題意識。自己PR等。
12、国民の皆さんへの約束。誓約。
13、遊び心。「究極の選択」といういたずら質問。心の余裕をはかる質問等。
14、事務連絡的な情報。ホームページ・ブログ・メールアドレス等。

 

次へのつながり

 

この100の質問は、「作って終わり、答えて終わり」にしてしまってはいけません。

実際に政治が良くなる、まちが良くなる、と次のステップにつなげるためには、こうした質問と回答で整理された考えを、比較・検証できる形でのローカル・マニフェストにして行かなければなりません。その過程を、広く市民の皆さんを巻き込み、協働と言う形で行うことが大切だと考えますが、皆さんはいかがでしょうか?

 

最後に

 

この『政治家になろうとする人に聞く100の質問』は実際に挑戦することが大切です。
また、質問もいくつかのバリエーションがあります。皆さんのお考えで改変されることは自由です。
ぜひともチャレンジしてみてください。

私も、ローカル・マニフェストの取組とあわせて、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

『政治家になろうとする人に聞く10の質問』(100の質問簡易版)

政治家になろうとする人に聞く10の質問

※これらの『100の質問』は、数年前に私がスーパー議員塾というサイトで紹介させていただいた記事を参考にしました。

スポンサーリンク







-04 その他

Copyright© やるぞ!あべぶろぐ , 2018 All Rights Reserved.